鍼灸治療に関連する古典等の書籍

鍼灸治療に関連する古典等の書籍を紹介します。興味がございましたらお読みください。

本棚

ここには、私がテキストデータ化した本を掲載します。興味があればお読みください。
※入力ミスなどに気が付かれましたら教えていただけると助かります。

鍼灸医術の門/柳谷素霊著
『鍼灸医術の門』柳谷素霊著
『鍼灸醫術の門』は柳谷素霊先生が鍼灸術入門者の為に書かれた名著です。古い本ではなく昭和23年に書かれた最近の本ですが、既に著作権の保護期間が終了しているため全文を掲載します。
鍼灸重宝記/本郷正豊著
『鍼灸重宝記』本郷正豊著
『鍼灸重宝記』は江戸時代の享保三年(1718年)に本郷正豊によって著された鍼灸治療に関する書物です。 本郷正豊先生に関しての資料が残っていないため、どのような人物だったかは失伝していますが、鍼灸に関して非常によくまとめられた書物であったといえます。全文掲載していますので、ぜひご覧ください。
杉山流三部書/杉山和一著
『療治之大概集』杉山和一著(杉山流三部書)
江戸時代の鍼師・杉山和一検校が著した『杉山流三部書』のひとつ『療治之大概集』の原文の全文を掲載いたします。江戸時代の鍼灸治療の勉強用素材としてご活用ください。
『医学節要集』杉山和一著(杉山流三部書)
江戸時代の鍼師・杉山和一検校が著した『杉山流三部書』のひとつ『医学節要集』の原文の全文を掲載いたします。江戸時代の鍼灸治療の勉強用素材としてご活用ください。
『選鍼三要集』杉山和一著(杉山流三部書)
江戸時代の鍼師・杉山和一検校が著した『杉山流三部書』のひとつ『選鍼三要集』の原文の全文を掲載いたします。江戸時代の鍼灸治療の勉強用素材としてご活用ください。

カテゴリー記事一覧

杉山流三部書

『療治之大概集』の意訳④ | 江戸時代の鍼灸書

こんにちは、鍼灸やまと治療院です。『療治之大概集』の4回目です。 ここは、現代の常識では「ちょっとどうなの・・・?」と思いますが、当時の考え方がわかりますので、参考にしてください。なお、現代では年の干支程度(十二支のみ、十干は殆ど使われな...
杉山流三部書

『療治之大概集』の意訳③ | 江戸時代の鍼灸書

こんにちは、鍼灸やまと治療院です。『療治之大概集』の3回目です。 鍼立てざる人の事 【原文】 鍼立てざる人の事 一、酒多く呑のみ醉いたる人に其その儘まま立てず。 一、大きに腹立てたる人も其の儘立てず。 一、大きに身を...
2022年6月16日
杉山流三部書

『療治之大概集』の意訳② | 江戸時代の鍼灸書

こんにちは、鍼灸やまと治療院です。『療治之大概集』のつづきです。 四季鍼の事 【原文】 四季鍼の事 一、春夏は浅く刺し、秋冬は深く刺す。然されば、春夏は陽気上に在り人の気もまた上に在り、故に浅く刺す。秋冬は陽気下に在り人の気...
広告
杉山流三部書

『療治之大概集』の意訳① | 江戸時代の鍼灸書

江戸時代の鍼灸の最大流派「杉山流鍼術」の教科書、『療治之大概集』について意訳と説明を書いていこうと思います。 『療治之大概集』の著者は杉山和一検校(1610-1694年)という鍼師で、杉山流鍼術の創始者でもあります。日本独自の鍼の刺し...
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑮ ~脈診の原典~

腎膀胱部 第五 (3/3) 黄帝問て曰く、冬の脈、営の如し、何如して営なるや。 岐伯対して曰く、冬の脈は腎なり。北方の水なり。万物の合蔵する所以なり。故に其の気、来ること沈にして以て摶。故に営と曰う。此に反する者は病む。 黄帝曰く、何...
2021年11月13日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑭ ~脈診の原典~

腎膀胱部 第五 (2/3) 腎は北方の水なり。 万物の蔵する所。 百虫伏蟄す。 陽気下陥し、陰気上升す。 陽気中出し、陰気烈して霜と為る。 遂に上升せず、化して雪霜と為る。 猛獣伏蟄し、蜾虫匿蔵す。 其の脈を沈と為す。 ...
2021年11月12日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑬ ~脈診の原典~

腎膀胱部 第五(1/3) 腎は木に象る。 膀胱と合して腑たり。 其の経は足の少陰と足の太陽と表裏を為す。 其の脈は沈なり。 其の相は秋三月。 其の王は冬三月、廃は春三月、囚は夏三月、其の死は季夏六月たり。 其の王日は壬癸、...
2021年11月8日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑫ ~脈診の原典~

肺大腸部 第四(3/3) 黄帝問て曰く、秋の脈、浮の如し、何如して浮なるや。 岐伯対して曰く、秋の脈は肺なり。西方の金なり。万物の収成する所以なり。故に其の気来たること軽虚にして浮、其の気来ること急にして去ること散。故に浮と曰う。此に反...
2021年11月4日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑪ ~脈診の原典~

肺大腸部 第四 (2/3) 肺は西方の金なり。 万物の終る所なり。 宿葉落柯して萋萋せいせいたる枝条。其れ杌ごつ然として独り在り。 其の脈、微浮毛と為す。 衛気は遅。栄気は数。 数なるときは上に在り、遅なるときは下に在り。故に名...
2021年10月30日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑩ ~脈診の原典~

肺大腸部 第四 (1/3) 肺は金に象かたどる。 大腸と合して腑たり。 其の経は手の太陰と手の陽明と表裏を為す。 其の脈は浮なり。 其の相は季夏六月。 其の王は秋三月、廃は冬三月、囚は春三月、死は夏三月たり。 其の王日は庚かの...
2021年10月30日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑨ ~脈診の原典~

脾胃部 第三 (3/3) 黄帝曰く、四時の序は逆順の変異なり。然れども脾の脈独り何ぞ主りたる。 岐伯曰く、脾は土なり。孤蔵にして以って四傍に灌ぐ者なり。 曰く、然らば脾の善悪を得て見つべしや。 曰く、善は得て見るべからず。悪は見つべ...
2021年10月30日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑧ ~脈診の原典~

脾胃部 第三 (2/3) 脾は土なり。 敦にして福なり。敦は厚なり。 万物衆色同じからず。 故に名づけて福を得る者の広と曰う。 万物懸根住茎、其の葉巔に在り。 蜎蜚蠕動、蚑蠷、喘息、皆土の恩を蒙る。 徳は則ち緩と為す。 ...
2021年10月30日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑦ ~脈診の原典~

脾胃部 第三 (1/3) 脾は土に象かたどる。 胃と合して腑たり。 其の経は足の太陰と足の陽明と表裏を為す。 其の脉は緩なり。 其の相は夏三月、王は季夏六月、廃は秋三月、囚は冬三月、死は春三月たり。 其の王日は戊つちのえ己つ...
2021年10月30日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑥ ~脈診の原典~

黄帝問うて曰く、夏の脈鉤の如し、何如して鉤なるや。 岐伯曰く、夏の脈心なり、南方火なり、万物の盛長する所以なり。故に其の気、来ること盛にして去ること衰ふ。故に鉤と曰う。 此に反する者は病む。 黄帝曰く、何如して反するや。 岐伯曰く、...
2021年10月30日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)⑤ ~脈診の原典~

心小腸部 第二 (2/3) 心は南方の火なり。 万物洪盛、枝を垂れ、葉を布いて、皆下垂して曲るが如し。故に名づけて鉤と曰う。 心の脈は洪大にして長、洪なるときは衛気実す。実するときは気従いて出ること無し。 大なるときは栄気明なり...
2021年10月30日
脈経

『脈経』王叔和譔 (巻第三)④ ~脈診の原典~

心小腸部 第二 (1/3) 心は火に象かたどる。 小腸と合して腑たり。 其の経は手の少陰と手の太陽と表裏を為す。 其の脈は洪なり。 其の相は春三月、王は夏三月、廃は季夏六月、囚は秋三月、死は冬三月たり。 其の王日は丙ひのえ丁...
2021年10月30日
このページをSNSでシェア
鍼灸やまと治療院をフォローする