足の少陰腎経

こんにちは、やまと治療院です。
今回は正経十二経脈の8番目の経脈「足の少陰腎経」について記載します。

足の少陰腎経の概要

あし少陰しょういん腎経じんけいは、「腎」に属した経脈です。この経脈一本にある経穴の数は27穴になります。この経脈は身体の左右にあるため、全身の経穴数は54穴となります。
正式名称は「足の少陰腎経」ですが、略して「腎経」「足少陰」と言うことがあります。
旧字体では「足の少陰腎經」、中国語の簡体字では「足少阴肾经」、英語では”KIDNEY MERIDIAN”と書きます。
「腎」に関連する症状(頻尿、体力の低下、生殖機能等)や、経脈の走行上の症状(膝の痛み等)などに使います。

流注(るちゅう) ~経絡の流れの説明~

足の少陰腎経の図
※ここでは『十四経発揮じゅうしけいはっき』の図を利用しています。

足の少陰腎經の脈は小趾の下に起り、斜めに足心所謂土踏まずに向ふて舟狀骨突起の下に出で、内踝の後へ循り引いて跟骨中に入り、内に上りの内廉にて股の内後廉に上り、脊を貫き長强に會して腎に屬し、膀胱を絡ひ其の直經は腎より上つて肝膈を貫き肺中に入り、喉嚨に循り舌本を挾む、其支なるものは肺より出でゝ心を絡ひ胸中に注ぐものである。

引用:柳谷素霊著『鍼灸醫學全書 經穴學』,p.187

是動病・所生病

是動ずるときは、飢ても食を欲せず、面黒く、喘欬、唾血、坐してたたんと欲し、目䀮々として所見なきがごとし、心懸が如く、飢るがごとし。気不足し、善く恐れ、心惕々として人の捕えんとするがごとし。
生ずる所の病は、口熱し舌乾き、咽腫、上気し、嗌乾きいたみ、煩心、心痛、黄疽、腸癖、脊、しり、股内の後廉いたみ、痿厥して臥ことを耆み、足の下熱していたむ。

引用:本郷正豊著『鍼灸重宝記』

足の少陰腎経の経穴一覧

コード名称よみがな備考
KI1湧泉ゆうせん井木穴
KI2然谷ねんこく滎火穴
KI3太渓(太谿)たいけい兪土穴・原穴
KI4大鍾(大鐘)だいしょう絡穴
KI5水泉すいせん郄穴
KI6照海しょうかい
KI7復溜ふくりゅう経金穴
KI8交信こうしん
KI9築賓ちくひん
KI10陰谷いんこく合水穴
KI11横骨おうこつ
KI12大赫だいかく
KI13気穴きけつ
KI14四満しまん
KI15中注ちゅうちゅう
KI16肓兪こうゆ
KI17商曲しょうきょく
KI18石関せきかん
KI19陰都いんと
KI20腹通谷はらつうこく
KI21幽門ゆうもん
KI22歩廊ほろう
KI23神封しんぽう
KI24霊墟れいきょ
KI25神蔵しんぞう
KI26彧中いくちゅう
KI27兪府ゆふ

この記事へのコメント