中渚 ~現役鍼灸師によるツボの解説~

こんにちは、やまと治療院です。
今回も手にあるツボシリーズとして「中渚」という経穴けいけつについて記述します。

経穴の説明

「中渚」は「ちゅうしょ」と読みます。
手の少陽三焦経の3番目の経穴で、手の少陽三焦経の五行穴兪木穴ゆもくけつになります。
WHOのコードは”TE3″です。
この経穴は、咽喉の炎症、頭痛、眩暈、耳鳴り、などに使われます。

経穴の場所

中渚

写真のように手の甲の薬指と小指の間の凹んでいる部分です。指で探す場合、薬指と小指の間の又部分から手首に向けてずらしていって最初に止まる凹みです。
正式な部位の定義は以下の通りとなります。

手背、第4・第5中手骨間、第4中手指節関節近位の陥凹部。

引用:WHO西太平洋地域事務局著,第二次日本経穴委員会訳『WHO/WPRO標準経穴部位-日本語公式版-』医道の日本社,2009年,p.159

古典における記載例

なお、古典では以下のように記されています。

【原文】在手小指示指本節後間陥中

【書き下し文】手の小指と示指の本節の後の間、陥中に在り。

引用:滑寿著『十四経発揮』1341年

中渚
二穴。手小指と無名指との間、無名指の本節の後へ陥みの中、すなわち液門のしりヘ一寸ほどにあり。灸二三壮、針二分留ること三呼。
熱病汗出でず、目まひ、頭つう、咽はれ、耳きこえず、目膜を生し、久瘧、肘手指いたみ、屈伸ならざるを治す、三焦の虚これを補すべし。

引用:本郷正豊著『鍼灸重宝記』1718年