労宮 ~現役鍼灸師によるツボの解説~

こんにちは、やまと治療院です。
今回も手にあるツボシリーズとして「労宮」という経穴けいけつについて記述します。

経穴の説明

「労宮」は「ろうきゅう」と読みます。
手の厥陰心包経の8番目の経穴で、手の厥陰心包経の五行穴滎火穴えいかけつになります。
WHOのコードは”PC8″です。別名として「鬼路」「掌中」といったものがあります。
この経穴は、手掌熱感、歯茎の腫れ、口内炎、鼻血、疳の虫、しゃっくり、などに使われます。

経穴の場所

労宮

掌の横の皺の上で人差し指と中指の間の凹んだ部分です。
指をまげて、中指と薬指が掌に当たる部分の中央に取ることもあります(別説)。

正式な部位の定義は以下の通りとなります。

手掌、第2・第3中手骨間、中手指節関節の近位陥凹部。
【別説】手掌、第3・第4中手骨間、中手指節関節の近位陥凹部。

引用:WHO西太平洋地域事務局著,第二次日本経穴委員会訳『WHO/WPRO標準経穴部位-日本語公式版-』医道の日本社,2009年,p.155

なお、古典では以下のように記されています。

【原文】在掌中央屈無名指取之

【書き下し文】掌の中央に在り、無名指を屈して之を取る。

引用:滑寿著『十四経発揮』1341年