奇穴

奇穴きけつとは、正経十四経に属していない独自の経穴です。これらは、様々な症状に効果的なツボとして伝えられてきたものです。現在では非常に多くの数があり書ききれませんが、ここでは、実際の鍼灸治療において使われることの多い代表的なものを紹介します。

そのうち各経穴の説明を書いていきたいと思います。
今回は名称の紹介までです。

名称よみがな
四神聡ししんそう
印堂いんどう
太陽たいよう
翳明えいめい
定喘ていぜん
巨闕兪こけつゆ
痞根ひこん
腰眼ようがん
上仙じょうせん
肩内陵けんないりょう
落枕らくちん
腰痛点ようつうてん
鶴頂かくちょう
膝眼しつがん
外膝眼がいしつがん
内膝眼ないしつがん
胆嚢点たんのうてん
蘭尾らんび
患門の穴かんもんのけつ
張介賓の四華の穴ちょうかいひんのしかのけつ
小児斜差の灸穴しょうにすじかいのきゅうけつ
中風七穴ちゅうふうななけつ
胃の六つ灸いのむつきゅう
脚気八処の穴かっけはっしょのけつ
金津玉液きんしんぎょくえき

この記事へのコメント