五行とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五行説は、全てのものを、木・火・土・金・水という5種類で分類する考え方です。
そして、この五行において、相生・相剋という2つの関係があるとしました。(下図参照)

相生関係・相剋関係の図

相生関係とは、相手を生み出す母子関係ということです。木から火が生じ、火は木を燃やして土ができ、土は金をうみだす(金属の鉱石は土の中にある)。金は水をうみだす(金属に水が結露する)。水が木を育てる。といった形で循環しているとかんがえました。図の外周の矢印が相生関係を表しています。

相剋関係とは、相手を抑制するという考えです。木は土を弱らせる(養分を吸い取る)。土は水を堰き止める。水は火を消す。火は金を溶かす。金(金属の斧)は木を切り倒す。といった形で廻っています。図の内側の矢印が相剋関係を表しています。

五行や相生・相剋関係は、現代の私たちにとっては、おかしな理屈に感じるかもしれませんが、古代の人々はこのように考え、この理論に比較的合うような形で物事を分類していったのです。

このような五行説が常識であった時代に東洋医学が発展しました。そのため、身体に関するものも五行に基づいて分類されていきました。以下に分類例を示します。

表4.五行色体表
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五精 意智 精志
五主 筋膜 血脈 肌肉 皮毛 骨髄
五官
五志
五華 面色
五味
五臭
五声
五季 土用
五方 中央 西
五色
五悪 湿

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする